志望動機の書き方は?

アルバイトの志望動機の書き方について述べてみましょう。
アルバイトに応募する時に必ず必要になるのが履歴書です。志望動機の書き方について悩む人は多いのではないでしょうか。
何故なら、志望動機と自己PRは、求人する企業が特に重視する問題だからです。

ちょっとバイトで小遣い稼ぎと気軽にと考えていても、何回にも採用されず、何枚も履歴書や写真を用意して、またまた応募するのは労力も費用もかかってしまいますよね。
確かにバイトを通して将来の就職につなげたかったり、また就職活動で内定を目指しているようなときには、絶対に注力して書き込みたいところです。

基本の志望動機の書き方は、自分の長所や、会社、仕事に対する理解や自分の意志、意気込みを織り込み、バイト先の企業に「だからこの会社でなければならない」といったアピールをすることでしょう。履歴書を手書きする時は、志望動機欄の大きさに合わせて(100〜150字程度がいいでしょう)あらかじめ文章を考え、最後の文字が小さくなったり欄外にならないように、配慮して記入しましょう。

適性検査と職業



適性検査は、自分がどのような職業に就くか考えるとき、自分の素質や適性を客観的に判断することに活用が望まれます。

統計的な分析に基づいているもので、結果が個人にそのまま当てはまるものではなく、また個人の向いている職業を特定するものでもありません。

同じ傾向の人がどにような職業に多いのか、自分の性質がどのような職業に受け入れられやすいのかを知る上では有意義であり、広く職業を検討する機会を持つことができます。
就きたい職業が決まっていない人には有効な判断材料の一つとして受けてみるとよいでしょう。

楽して稼げる高額バイト

楽な高額バイトって結構あるもんなんですね。
ハンドキャリーのアルバイトなんて旅行好きにはたまらないバイトです。
お墓参りの代行アルバイトもいいですね。
最近では、耳かきのアルバイトなんていうのも穴場ですね。これは面白い。。。


バイト面接時の服装

バイト面接時の服装って、ちょっと迷ってしまうと思いませんか? 
バイト面接時の服装について調べてみましたが、結果から申しますと、清潔感にあふれてきちんとした身なりなら、スーツじゃなくても大丈夫です。

おそらく、迷ってしまうのは『きちんとした格好』というところだと思います。
そういわれても、個人個人でその捉え方は違うかもしれませんが、要は、誰が見ても明るい感じで清潔感があればいいわけです。ちゃんと洗濯したから清潔だし・・・などと言って、ヒップハンガーなどを着用して行ったり、流行の古着を着用したりするのは、いただけません。

バイト面接時の服装に注目しているのは、少なくとも自分よりも年上で、結構、年配の方だったりします。そういう年代の方にヒップハンガーや古着は理解出来るものではありません。カジュアルであっても、ちょっと締りのあるブレザーを羽織るとか、ジーンズやスニーカーは避けるとか、肌の露出を極力避けるとか、それくらいは自分で判断しましょう。
バイト面接時の服装も、面接の一部であり、その印象が採用不採用に大きな意味をもたらすことも覚えておいた方が良いでしょう。


バイトは、Wワークをしようと考えている方にもおすすめです。 2月や3月に単発でできるバイト、週末だけのバイトは色々ありますので、少ない回数でもしっかりと収入を得ることが可能です。 この場合、空いてる時間だけで、仕事をすることができるというのも、メリットになります。

 

単発のバイトでおすすめとしては、試験監督、交通量調査、市場調査というように色々あります。 1回行うだけで効率よく稼ぐことが出来ますので、お小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

 

交通量調査のバイトは、行き交う歩行者や自動車の交通量を調査・カウントするアルバイトで、座ってカウントしてデータを集めるのが、主な仕事です。 集中力・根気が必要なアルバイトで、接客のアルバイトとは異なり、ひとりで黙々と仕事をするので、人付き合いが苦手な人にとっては、交通量調査のバイトはメリットが大きいと言えます。

 

歩行者であれば性別や年齢層を、自動車であれば普通・大型・小型車別に数え、方向、行先別にカウントすることもあります。1、2日程度の単発バイトといった特徴があります。

 

そのため、日払いのケースも多く、即日払いを希望する人や、短期間で稼ぎたい人、空いた時間にお金を稼ぎたいといった人には、おすすめのアルバイトです。特に、年度末の2月前後から交通量調査のバイトの募集が増える時期となります。

selected entries
categories
sponsored links