スポンサーサイト

  • 2017.02.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


交通量調査のバイトは楽?大変?

短期バイトの中には、交通量調査のバイトがありますが、

交通量調査でも色々ありますが、仕事の内容、大変なところ、楽なところ、気をつけたいところ

などを調べてみました。


・まず仕事内容は、朝と夕方の渋滞状態の調査なのか、調査時間は、12時間とか24時間するのか、

など何を対象に調査するのか、何の交通量調査なのか記載されていないので、

それによって変わってきます。気をつけましょう。

・大変なところは、数を間違えず、正確にカウントしないといけないこと、

寒さ対策や暑さ対策が必要ですし、トイレや休憩する場所がない場合がありますから注意しましょう。

・楽なのは、12時間や24時間調査の場合、2時間仕事すれば、休憩は1時間あることです。

付近になにか、気をまぎらわすとか、息抜きをする場所があったら、いいですね。
車の中での24時間調査など、休憩1時間あり、何もすることなければ、寝ることもできるでしょう。

JUGEMテーマ:アルバイト


野外イベント運営スタッフのバイト

最近では季節問わず、いろんな野外イベントが催されますが、

それらにはイベントスタッフがサポートしています。
でもこの仕事も、夏休みや冬休みの短期バイトが、おすすめですね。

 

夏休みには多く催される野外イベントがあり、野外フェスなどの音楽関係のイベントが多く、

また、定番の花火大会や夏祭り、いろんな展示会などがあります。

 

イベントスタッフの仕事内容は、イベント用機材の搬入やイベント会場の設営、

イベント開催中の受付・案内業務、お客様の誘導や整理があります。

 

そして、イベント終了後の片付けが、一連の仕事内容です。

ほかには、売店とか軽食などの、屋台のバイトもありますよ。

 

 

 

 


アルバイトの面接前注意ポイント


アルバイトの求人、 電話での申し込みが済んだら、次は面接にむかいます。
面接に行くには、どのようなことに注意すればよいのか、考えてみましょう。

・服装
特別な服装でなくてもいいですが、相手に不快感を与えるような破れたジーンズ姿や、派手な服装などは控えましょう。
また、頭もぼさぼさな髪は厳禁です。
アルバイト先によっては、規定でピアスや茶髪が禁止されているケースもあります。
アルバイト先が飲食店である時は、清潔感のある髪型・服装で面接に臨みましょう。
一般企業の場合は、Tシャツ姿で行くのも職場に合いませんし、仕事に臨むうえでふさわしい身なりで行くよう、心がけてください。


・時間厳守
面接の時間に遅れないように行くことが、社会人としての当然のマナーです。
インターネットなどで、事前に道順や交通機関の乗り換え方法を確認しておきましょう。
それでも交通機関の事故などで遅れることもありますが、そのようなケースには、必ず遅れると連絡を入れてください。
また、当日体調が悪くて行けない場合は、必ず連絡を入れることが大切です。


・忘れ物をしないように
履歴書持参の場合は、忘れないようにしてください。
面接場所の住所・連絡先の電話番号は必ずメモなどに控えて持っておきましょう。
求人に関して質問事項がある場合には、書いたメモも忘れないようにしましょう。


内職のアルバイト


内職のアルバイトといえば、自宅で稼ぐのですが、多くの場合、ママ友達、主婦友達、が集まって自宅でも稼げるアルバイトとか、在宅ワーク、副業でいいものがないかな、などという会話に一度はなるのではないかと思います。

内職の人気の集まる仕事としては、手作業の仕事、アルバイトがあります。
例えば、ビーズ・アクセサリーの製作などがそれです。
自宅で稼ぐ内職、在宅アルバイトの探し方、内職や在宅アルバイトなどを見つける方法には、次のようなものがあります 

1.ネットで探すという方法
2.ハローワークや市区役所などで相談して内職、自宅でできるアルバイトを紹介してもらう方法
3.友人などの口コミ
4.内職、在宅ワーク募集の広告を探してみること

現在最も希望が多い内職と言われているのが、やはりパソコンを使用してのデータ入力だと思います。
悪徳業者が多いのもこの種類のものですね。
このように在宅ワークを希望するならば、ハローワークに頼らずに、インターネットなどで検索をして自分で探さなければならないのですが、中には大成功をして大きな収入を得ている人もいますね。


失業給付中のアルバイト

◆失業給付中のアルバイト
勤めていた会社の経営不振によりリストラにあってしまったら、退職金や失業給付金で当面の生活をしていかなくてはなりません。
人によってはリストラの精神的ショックを癒すべくしばらくゆっくりしようとか、すぐに次の仕事を探したいとかいろいろだと思いますが、失業給付金は求職していないともらえません。

また失業給付金を受け取っている間はアルバイトや内職をしてはいけないと思っている人も多いようですが、そんなことはないのです。
次の仕事を探しながらも、当面の生活や抱えているローン対策に少しでも収入を得たいのは多くの人が思うところでしょう。

 

ただし、アルバイトなどをしたことはきちんと申告しなくてはいけません。

申告は失業給付の認定日に提出する書類でアルバイトした日を明示する事後申告で大丈夫です。
アルバイトなど働いた日については基本手当てが減額されたり支給されなかったりしますが、その日数分の給付金は後回しで受け取ることができます。
アルバイトで月に14日以上、あるいは週に20時間以上働くと失業状態ではないとみなされ、失業給付の支給が打ち切られるケースがありますので、いくらローン返済対策でも働きすぎは返って損です。

実質的にはスポット的にしか働けない、ということです。

 

 

もしアルバイトを内緒にして失業給付を受けていると、不正給付となり厳しい処罰を受けることになります。
不正受給の発覚は多くが電話や投書による通報だそうです。
少しぐらいバイトしたってバレないだろう、と思うかもしれませんが、バレた時のリスクをよく考え、不正のないようにしましょう。
不正受給していた額の2倍を返還しなくてはいけませんよ。

 


バイトは、Wワークをしようと考えている方にもおすすめです。 2月や3月に単発でできるバイト、週末だけのバイトは色々ありますので、少ない回数でもしっかりと収入を得ることが可能です。 この場合、空いてる時間だけで、仕事をすることができるというのも、メリットになります。

 

単発のバイトでおすすめとしては、試験監督、交通量調査、市場調査というように色々あります。 1回行うだけで効率よく稼ぐことが出来ますので、お小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

 

交通量調査のバイトは、行き交う歩行者や自動車の交通量を調査・カウントするアルバイトで、座ってカウントしてデータを集めるのが、主な仕事です。 集中力・根気が必要なアルバイトで、接客のアルバイトとは異なり、ひとりで黙々と仕事をするので、人付き合いが苦手な人にとっては、交通量調査のバイトはメリットが大きいと言えます。

 

歩行者であれば性別や年齢層を、自動車であれば普通・大型・小型車別に数え、方向、行先別にカウントすることもあります。1、2日程度の単発バイトといった特徴があります。

 

そのため、日払いのケースも多く、即日払いを希望する人や、短期間で稼ぎたい人、空いた時間にお金を稼ぎたいといった人には、おすすめのアルバイトです。特に、年度末の2月前後から交通量調査のバイトの募集が増える時期となります。