<< アルバイトの面接前注意ポイント | main | 交通量調査のバイトは楽?大変? >>

スポンサーサイト

  • 2018.02.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • 0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    野外イベント運営スタッフのバイト

    最近では季節問わず、いろんな野外イベントが催されますが、

    それらにはイベントスタッフがサポートしています。
    でもこの仕事も、夏休みや冬休みの短期バイトが、おすすめですね。

     

    夏休みには多く催される野外イベントがあり、野外フェスなどの音楽関係のイベントが多く、

    また、定番の花火大会や夏祭り、いろんな展示会などがあります。

     

    イベントスタッフの仕事内容は、イベント用機材の搬入やイベント会場の設営、

    イベント開催中の受付・案内業務、お客様の誘導や整理があります。

     

    そして、イベント終了後の片付けが、一連の仕事内容です。

    ほかには、売店とか軽食などの、屋台のバイトもありますよ。

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    • 2018.02.27 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    • 0

      単発バイトでおすすめは?

      バイトは、Wワークをしようと考えている方にもおすすめです。 3月に単発でできるバイト、週末だけのバイトは色々ありますので、少ない回数でもしっかりと収入を得ることが可能です。 この場合、空いてる時間だけで仕事をすることができるというのも、メリットになります。

       

      単発のバイトでおすすめとしては、試験監督、交通量調査、市場調査というように色々あります。 1回行うだけで効率よく稼ぐことが出来ますので、お小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

       

      交通量調査のバイトは、行き交う歩行者や自動車の交通量を調査・カウントするアルバイトで、座ってカウントしてデータを集めるのが、主な仕事です。 集中力・根気が必要なアルバイトで、接客のアルバイトとは異なり、ひとりで黙々と仕事をするので、人付き合いが苦手な人にとっては、交通量調査のバイトはメリットが大きいと言えます。

       

      歩行者であれば性別や年齢層を、自動車であれば普通・大型・小型車別に数え、方向、行先別にカウントすることもあります。1、2日程度の単発バイトといった特徴があります。

      そのため、日払いのケースも多く、即日払いを希望する人や、短期間で稼ぎたい人、空いた時間にお金を稼ぎたいといった人には、おすすめのアルバイトです。

       

      交通量調査の増える時期は?

      特に、年度末の2月前後や10月・11月に交通量調査のバイトの募集が増える時期となります。

      selected entries
      categories
      sponsored links