<< 失業給付中のアルバイト | main | アルバイトの面接前注意ポイント >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.10 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


内職のアルバイト


内職のアルバイトといえば、自宅で稼ぐのですが、多くの場合、ママ友達、主婦友達、が集まって自宅でも稼げるアルバイトとか、在宅ワーク、副業でいいものがないかな、などという会話に一度はなるのではないかと思います。

内職の人気の集まる仕事としては、手作業の仕事、アルバイトがあります。
例えば、ビーズ・アクセサリーの製作などがそれです。
自宅で稼ぐ内職、在宅アルバイトの探し方、内職や在宅アルバイトなどを見つける方法には、次のようなものがあります 

1.ネットで探すという方法
2.ハローワークや市区役所などで相談して内職、自宅でできるアルバイトを紹介してもらう方法
3.友人などの口コミ
4.内職、在宅ワーク募集の広告を探してみること

現在最も希望が多い内職と言われているのが、やはりパソコンを使用してのデータ入力だと思います。
悪徳業者が多いのもこの種類のものですね。
このように在宅ワークを希望するならば、ハローワークに頼らずに、インターネットなどで検索をして自分で探さなければならないのですが、中には大成功をして大きな収入を得ている人もいますね。


スポンサーサイト

  • 2017.02.10 Friday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

バイトは、Wワークをしようと考えている方にもおすすめです。 2月や3月に単発でできるバイト、週末だけのバイトは色々ありますので、少ない回数でもしっかりと収入を得ることが可能です。 この場合、空いてる時間だけで、仕事をすることができるというのも、メリットになります。

 

単発のバイトでおすすめとしては、試験監督、交通量調査、市場調査というように色々あります。 1回行うだけで効率よく稼ぐことが出来ますので、お小遣い稼ぎとしてもおすすめです。

 

交通量調査のバイトは、行き交う歩行者や自動車の交通量を調査・カウントするアルバイトで、座ってカウントしてデータを集めるのが、主な仕事です。 集中力・根気が必要なアルバイトで、接客のアルバイトとは異なり、ひとりで黙々と仕事をするので、人付き合いが苦手な人にとっては、交通量調査のバイトはメリットが大きいと言えます。

 

歩行者であれば性別や年齢層を、自動車であれば普通・大型・小型車別に数え、方向、行先別にカウントすることもあります。1、2日程度の単発バイトといった特徴があります。

 

そのため、日払いのケースも多く、即日払いを希望する人や、短期間で稼ぎたい人、空いた時間にお金を稼ぎたいといった人には、おすすめのアルバイトです。特に、年度末の2月前後から交通量調査のバイトの募集が増える時期となります。

selected entries
categories
sponsored links